7.8.9.10月分!!

S__17596611
だいたい写真を撮ることが苦手でして、気がつくと旅行に行っても一枚も撮っていないということが多々あります。これは豆な性格ではないということを表しているのではないかと思うのですが、いかが?? さらに、仕事上大問題なのが、参加した展覧会の写真さえ一枚も撮ることなく終えてしまったことがあるほどの、アーカイブ下手です。はい。毎度ぼくです(テラエ)。

そんな豆ではない僕が、今回、なんと一挙に4ヶ月分ほど更新ですっ!!えっへん!どうだい!一応、毎回エッセーを書くことを目標にしております。
2015年9.10月の+100P新聞
2015年8月の+100P新聞
2015年7月の+100P新聞

※この+100P新聞というのは、アトリエ付近の地域住民の方へ向けた記事です。ですから、芸術関係者には、とてもしょうもないことが書かれているかもしれないですし、地域の分かりにくいネタなどが出てくることもあります。

ステータス

『HOOP#003 自分のつくったトイレでうんこする。』
+100P企画第3弾 2014年春のアーカイブ


【概要】  +100Pには現在トイレがありません。目の前に大きめの公園があり、そこをトイレと呼んでいます(もちろん公衆トイレがある。)そんな状況だからと言うわけではないですが、トイレを造ってみようということになりました。少し前は、ポットン式のトイレを経験していた私たちも、水洗トイレの普及によって排泄物を物凄く汚いものだと思いこんでいます(まー昔からそんなにキレイなものではないと思うが。。。)だいたい堆肥なんかは、自分達の排泄物で作っていたわけだから、昔の人は野菜を通して、うんこを食べていたわけです。今では、変態かよほど食べ物に困った人が食べるのか?という感じでしょうか(いいかげんなことを言っています。)水に流すことで、我々の生活の中から完全に存在感の消えてしまった排泄物をもう一度考える機会にもなると思います。トイレがいかに便利なものであるかも分かるかもしれません。他にも何か特別なことも見えてくるかも?

【場所】 +100P

【日程】4月~5月 6月からトイレ稼動予定(遅延中)

 

水洗トイレ登場!

+100P(ぷらすひゃくぴい)の目の前には公園があって、そこには必需品の公衆トイレがあることから、公園全体のことをトイレと呼んでいるのですが、、、この度、なんと水洗トイレへ進化をとげておりました!!豪華だぁ〜。

どんどん、自作のトイレをつくるモチベーションが低下中。。。

けっこう調べて、いつ造り始めようか、というところまでいったが、結局頓挫しているトイレ。うんこまでの道のりは長く険しいのでありました。。。水に流したい。

ところで、このトイレの企画を進めるのなら、ゲストに呼んでみたい、とってもうんこな方が2名ほど候補にあがっており(会ったことない)、そちらだけでも、進めてみてもいいか?と思ったり思わなかったり。
10996665_900498073347749_3657271973345452895_n公園の片隅にあるのは、我らのトイレ。水洗便所くんです!かわゆい。

いったいなんなんだ板

掲示物を再開してみて2ヶ月だが、こんな田舎でいったいどんな意味があるか分からない。でもまた、そろそろ来月分をつくり始める。今の掲示板は、文字ばかりで、きっと誰も見ないのではないかというものができあがっているが、ご近所のお年寄りや子ども達の目に止まるようなテクニックが、今のところない。あれはいったいなんなんだ?とまだ思われているに違いない。来月は、かわいさを少し追加してみたいものだ(そんなことできるのか?)
11227529_920034978060725_8728392231678758951_n